関連商品

Help Center

現在位置: ホーム > システム管理 > ヘルプ > よくある質問 > 光軸調整:hid取り付けたんですが、光軸の直し方について

光軸調整:hid取り付けたんですが、光軸の直し方について

AKASHI-アカシ車用品HIDキット、LEDネット通販ショップ / 2015-07-02
[] [] []

光軸調整:hid取り付けたんですが、光軸の直し方について

光軸の調整方法

検査ラインを出て、壁際に車を止めれる場所を探して停車します。そして壁に向かってライトを点灯します。出来れば平らな場所がベストですが、壁があって駐車できる所ならかまいません。壁に映ったライトに目印を付け手ておきます。ボンネットを開けてライトの裏側にある調整ネジを探します。調整ネジは、大抵ライトのバルブ(電球)が取り付けてある両側にあり、片方が上下の調整、もう片方が左右の調整になっています。

光軸の調整する方向によって、この調整ネジのどちらかを回して上下・左右を調整していきます。

調整は少し長めの(+)ドライバーが必要です。ギザギザした歯車の横側に当てて回します。(実際は車両の上側から当てます)

先ほど目印を付けたので、それを目安にドライバーを回していきます。そうすると光が当たっている部分が、調整した方向にずれていくのが分かります。

上下左右の調整がどちらのネジか解らないときは、とりあえずどちらかを回してみてください。ネジを回して光が動いた方向で判断できます。その時、回した回数を覚えておき元に戻せるようにしておきましょう。

大体調整の仕方がわかってもらえたでしょうか?ちなみに調整の目安は、左右どちらかのライトが問題なければ、その問題のない方を目安にして調整するとわかりやすいです。

例えば左のライトは上下は問題がなく、右のライトは下に向き過ぎています。この場合は、問題のない左のライトの高さに右のライトを合わせて調整していきます。

しかし左右がずれている場合は少し厄介です。左右の向きを判断するのは、上下と比べると簡単ではありません。こういう場合は勘に頼ってみましょう。

繰り返しになりますが、再検査は何度でも受けられます。合格になるまで何度でも挑戦するつもりでやってみてください。目安としては1cm単位で調整すると いいと思います。もしも調整をし過ぎたとしたら、検査で逆の表示が出るでしょう。そうしたら今度はその半分くらい戻してみてください。これでおそらくOK になりますよ。

思ったより意外と簡単にOKになるかもしれませんよ。私もはじめは結構シビアに調整しなければOKにならないだろうと思っていましたが、何度か経験してみて結構ラフなんだと感じています。

ここでの調整の仕方をマスターさえしていれば、検査で×が出ても怖くありません。自信を持って検査に挑んでください。

 

 

hid取り付け

 

 

© 2005-2017 AKASHI-アカシ車用品HIDキット、LEDネット通販ショップ 版権所有、そして、すべての権利を保留する。
E-mail: akashiglobal@yahoo.co.jp
akashiglobal
110 検索、使用時 0.084984 秒、オンライン 3200 人,Gzipハンディキャップ,使用メモリ 5.493 MB

akashiglobal