関連商品

Help Center

現在位置: ホーム > システム管理 > ヘルプ > よくある質問 > いつから受けられる!?車検の期間について覚えておきたいポイント!

いつから受けられる!?車検の期間について覚えておきたいポイント!

AKASHI-アカシ車用品HIDキット、LEDネット通販ショップ / 2015-09-22
[] [] []

いつから受けられる!?車検の期間について覚えておきたいポイント!

愛車を公道で走らせる為に必要なものといえば車検ですよね!
車検が切れたクルマで走る事はできません。
さて、その車検には有効期間がありますが、いつから更新する事ができるのでしょうか?

 

車検は有効期間の1ヶ月前から受けられます!

車検は有効期間の終わる日に受けてももちろん良いのですが、車検の有効期間の1ヶ月前から受けることができます
車検の有効期間の1ヶ月前以降であれば、期日をそのままに有効期間を2年間伸ばすことができます。
例えば、車検の有効期間が410日までだったとして車検を1ヶ月前の311日に受けて合格したとしたら、新しい車検証の有効期間は410日から2年先の410日になるということです。
1ヶ月以上前に車検を受ける事も可能ですが、ただしその場合はその車検日から2年間の新たな有効期間に更新されてしまうので、現存の車検の有効期間が短くなってしまうので、注意が必要です。

車検の有効期間をチェックしよう!

・車検証の有効期間を確認
車検証の有効期間 車検証の左下の方に【有効期間の満了する日】が記載されてあります。その日にちが車検の有効期間が終了する日になります。

・検査標章(ステッカー)による有効期間の確認
ステッカーは有効期限を示すもので、前面ガラス中央上部に貼り付けておくことを義務付けられています。表記されている数字で車検の有効期間がわかります。

もし車検が切れてしまったら!?

うっかりしていて車検の有効期間が切れてしまった・・・
しかし、慌ててその車に乗って車検を受けに行ってはいけません。
『無車検車運行』により違反点数6点、罰則が6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金になってしまうのです。
もし車検の有効期間が切れてしまったら、仮ナンバーをつけて車検を受けに行くか、業者に依頼して車をトラックに積んで車検を受けてきてもらう必要があります。

仮ナンバーは、自分の住んでいるところ、もしくは車が置いてある所轄の区役所・市役所・町役場で手続きをします。

仮ナンバー取得に必要なもの
運転免許証
印鑑・・・認印
自賠責保険証の原本 ・・・借りる日から1ヶ月以上有効なもの
手数料 ・・・市町村により違いますが750円程度

運行する自動車を確認するための書類
次のいずれか1つ 
(自動車検査証(車検証)/譲渡証明書/抹消登録証明書/自動車通関証明書/登録事項証明書 /予備検査証/軽自動車検査証返納証明書/自動車保管場所証明)

以上の書類を用意して役所に行き、自動車臨時運行許可申請書を車検証を見ながら記入して窓口に提出すれば、その場で仮ナンバーを貸してくれます。

 

【まとめ】

車検は切れてしまうと、仮ナンバーを取得しないといけないなど、手間が増えてしまうのでしっかりチェックしておきましょう!
有効期限の1ヶ月前から受ける事ができますので、自分の都合に合わせて車検を受けるようにしましょう!

 

 

HIDキット

HIDヘッドライト

次のページ: Empty! 前のページ: HIDを選ぶ時のケルビン数ってなに?
© 2005-2017 AKASHI-アカシ車用品HIDキット、LEDネット通販ショップ 版権所有、そして、すべての権利を保留する。
E-mail: akashiglobal@yahoo.co.jp
akashiglobal
109 検索、使用時 0.062797 秒、オンライン 7100 人,Gzipハンディキャップ,使用メモリ 5.453 MB

akashiglobal