Help Center

現在位置: ホーム > システム管理 > ヘルプ > トラブルシューティング > HID両側が点灯しない

HID両側が点灯しない

akashiglobal / 2015-05-14
[] [] []

 

HIDバルブ両側が点灯しない

1.HIDバラストの接続の確認をする
HIDバラストの配線の接続をしっかり行うことで問題を解決できることがあります。
①電源ハーネスの接続が逆になっている場合があります。その場合は逆に差し込んでください。
②HIDバラストの電源ハーネス接続部が接触不良の可能性があります。その場合はHIDバラスト側のピンをペンチなどで広げ確実な通電を促します。


2.電圧効果が起きているか確認する
電圧効果が起きている場合、HIDキットを片側のみに接続させ、点灯する場合は電圧降下が起きています。その場合は
電圧降下防止リレーを取付けてることにより解決します。

3.アースポイントの確認をする
電圧降下防止リレーやH4リレーハーネスのマイナスアースがうまく取れない車種もございます。その場合はアースポイントを変えることで解決します。
アースチェックポイント
① 他の電装品とアースが重なっていないか確認する。
② アースをボディとバッテリーのマイナス端子でそれぞれ取っていないか確認する。
③ アースポイントを、ヤスリやサンダーで削る。
④ アースをバッテリーのマイナス端子から取る。(※電流センサー搭載車は除く)

4.電圧降下防止リレーの確認する
小さいバッテリーの車輌や、他に電装品をつけている場合などは電圧降下リレーを装着していても電圧降下になることがあります。その場合はHIDキットを片側のみを接続し点灯する場合は電圧効果が起きて> いるのでバッテリーの容量を上げてください。
また、上記に当てはまらない場合はリレーの故障の可能性があります。その場合は電圧降下防止リレーを新しい物と交換してください。

5.H4リレーハーネスの確認する
H4リレーハーネスは3極コネクタを片側しか使いません。そのためもう片側に抵抗が感知されず、エラーが出てしまう場合があります。空いている車体側の3極コネクタにハイビームインジケーターキャンセラーを装着することで解決するケースがあります。

6.H4リレーレスタイプの場合
リレーレスタイプで不点灯になってしまった場合、下記の方法を試すことで解決するケースがあります。
リレーレスハーネスのみを左右入れ替えて点灯する場合はリレーレスハーネスを新しい物と交換することにより解決します。

次のページ: HIDライト左右の色味が違う 前のページ: チラつく
© 2005-2017 AKASHI-アカシ車用品HIDキット、LEDネット通販ショップ 版権所有、そして、すべての権利を保留する。
E-mail: akashiglobal@yahoo.co.jp
akashiglobal
109 検索、使用時 0.054576 秒、オンライン 8800 人,Gzipハンディキャップ,使用メモリ 5.258 MB

akashiglobal