関連商品

Help Center

現在位置: ホーム > システム管理 > ヘルプ > よくある質問 > 自動車用電球全般についてよくある質問

自動車用電球全般についてよくある質問

akashiglobal / 2015-05-14
[] [] []

自動車用電球全般についてよくある質問

HIDキット

 

ランプが点灯しません。
原因は何ですか?

・電球の断線
・コネクターやソケット部の接触不良
・ヒューズ切れ
・スイッチの作動不良
・コードの断線        などが考えられます。

ロービームとハイビームの配光の違いについて教えて下さい。

ヘッドライトには夜間、前方を明るく照らすという目的がありますが、同時にすれ違い時に対向車に眩しさを与えてはならないという機能面での制約もあります。
具体的には、水平方向に広く、垂直方向に狭い扁平な配光が必要であり、その明るさは両側で弱く、中央で強いものが求められているのです。しかも、これらの配光特性は走行時(ハイビーム)とすれ違い時(ロービーム)といった条件に応じて変わってきます。
自動車用ヘッドランプでよく使用されているH4電球では、これらの条件を満たすために、ハイビームとロービームで点灯するフィラメントを切り換えています。

H4 HIDキット hilo切り替え


ハイビーム用フィラメントは反射鏡の焦点に置かれており、ここから発せられる光は反射鏡で反射し平行光線となって遠くまで照射します。
ロービーム用フィラメントは焦点の少し上に設置されていて、光源の位置がずれているために光束は下向きになるとともに、手前とやや左の方向を照らすようになっています。

 

電球の特徴で言われる色温度とは何ですか?

光源の光色には青白いもの、赤味のあるものなど色々なものがあります。光の色を物理的な数値で表したものが「色温度」です。物体は温度を上げていきますと光を放射して光の色が、赤→白→青白へと次第に変化していきます。この変化を温度で表現したものが「色温度」であり、単位は絶対温度K(ケルビン)です。

6000Kは一番人気です。

点けたり消したりを繰り返すと、寿命が、短くなるというのは本当ですか?

電球のフィラメントは冷えた状態では抵抗が小さい為、点灯した瞬間通常の7~8倍程度の過大な電流が流れます。
この影響で点灯・消灯の繰り返しの方が連続点灯時よりも寿命が短くなることが一般的に知られています。

今使用しているバルブより、ワット数の高いものを取付けても大丈夫ですか?

お勧めできません。灯体(ランプ本体)やレンズが樹脂の場合、熱の為、溶ける可能性があります。違うボルト・ワット数のバルブを使用すると規定の性能が得られません。
又、電球の寿命が短くなるだけでなく、過剰電流が流れ、ヒューズ切れの原因ともなります。

自分の車にあうバルブの種類を教えてください。

車種・年式を確認のうえ、車種適合検索をご利用ください。但し、一部分車の適合についてはデータを用意しておりませんので、 ご了承ください。

車種別適合表

輸入車/車種別適合表

© 2005-2017 AKASHI-アカシ車用品HIDキット、LEDネット通販ショップ 版権所有、そして、すべての権利を保留する。
E-mail: akashiglobal@yahoo.co.jp
akashiglobal
109 検索、使用時 0.053857 秒、オンライン 5100 人,Gzipハンディキャップ,使用メモリ 5.480 MB

akashiglobal